マインド

目標を達成できなかった自分へかけてあげたい言葉「月を目指せば星にたどり着ける」

目標を達成できなかった自分へかけてあげたい言葉「月を目指せば星にたどり着ける」-yumiid.com

私はしょっちゅうPodcastを聞いているのですが、最近色んな人のインタビューで耳にすることが多い言葉があって、個人的に励まされたのでシェアしたいと思います。

その言葉とは、

If you shoot for the moon, at least you’d land on a surrounding star

というもの。

日本語の意味は、

月を目指せば、少なくとも周りの星には着陸できる

です。

なぜこれに励まされたかというと、私はよく非現実的な仕事の計画を立てては、達成できなくて

あ”ーーーーーー!!!!

となってしまうことが多いからです。

 

そんな時はおとなしく軌道修正すればいいものを、

私はいちいち

「なぜ私はできなかったんだ・・・ワイはダメなやつや・・・・( ゚Д゚)」

と責めててしまうんですねー。

そして、できなかった理由を悶々と考え、しばらく立ち止まってしまう。

 

そんな私を慰めるかのように、天から降ってきたこの言葉。

ポッドキャストのインタビューで、1度ならず3、4人くらいのまったくつながりのない人が言うのを聞きました。

 

元々は19世紀の詩人/作家オスカー・ワイルドの言葉で、

Shoot for the moon. Even if you miss, you’ll land among the stars.
 月を目指せ。もし外しても、どこかの星に着くだろう

というものだそうです。

つまり、目標を達成できなかったとしても、目標を立てたことで、立てなかった場合よりもはるかに前に進んでいるはずだよね、ということ。

だから、大きい目標を掲げたことは無駄ではないということになります。

だって、大きな目標を掲げてそれに向かって頑張ったということは、その過程で学んだこともあっただろうし、自分の中でも成長があったはず。

小さな目標しか掲げなかった場合よりも、出発地点からははるか遠くに来ているはず。

だから、無駄ではないのです。

 

大切なことは、目標に達していない自分のみじめさを嘆くことではなく、
これまでの自分の進歩をほめてあげた上で、
また前に進むこと。

自己嫌悪に使うエネルギーを、また坦々と前に進むエネルギーに回すこと。

という風に考えたいと思います。

 

このブログを読んでいる人の目標が、
筋トレを続けることであれ
食生活を改めることであれ
ダイエットであれ
みなさん、大きな目標を掲げることを忘れないようにしましょう!

実現可能な短期目標をもつことも、もちろん大切です。
でも、失敗を恐れて小さすぎる目標ばかり立てていませんか?

大きな目標も立てることで、気付いたら自分が想像もしなかった場所に、たどり着いていることだってあるんですから。

落ち込んで立ち止まらずに、
「この挑戦から得られたものは何だろう?」
と考えるようにしてみてくださいね。

 

夢は大きく!

目標を達成できなかった自分へかけてあげたい言葉「月を目指せば星にたどり着ける」-yumiid.com

この記事が気に入ったら
シェアしてくださると
嬉しいです

ソーシャルメディアでつながりましょうhttps://twitter.com/you_me314https://www.instagram.com/yumiid/https://www.facebook.com/yumiid3/

コメントを残す