グルテンフリー

まるでチキン!さといもで作る肉風パテ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さといもパテ私はベジタリアンではないのですが、毎日肉を食べるのも体にとって負担になるので、最近はお肉オフの日用のレシピを開発しています。
今回は里芋を使った肉のような質感が出せるレシピをご紹介したいと思います!

里芋は芋類の中でもカロリーが低く、たんぱく質も比較的豊富。
ビタミンCやビタミンB群の他、カリウムが他の芋類と比較しても圧倒的に多く、高血圧や浮腫みの解消に効果的です。

その他、ぬめり成分の「ガラクタン」は脳細胞を活性化させて免疫力を高めたり、コレステロールを下げてくれます。

もう一つのぬめり成分「ムチン」は、唾液の分泌を促進して、胃の粘膜を保護する他、肝臓の働きを高めてくれます。ムチンは食物繊維の一種で、たんぱく質の消化吸収を高めてくれる効果もあります。

健康メリット満点なさといも、日々のお料理に取り入れないのはもったいないですね!

今回のレシピはちょっとした下ごしらえが必要ですが、スーパー簡単です。

材料(5~6個分)

里芋          5~6個
卵            1個
ニンニク*        1かけ ※お好みで
塩*           小さじ½~1杯 ※お好みで
米粉*          大さじ4~5杯
コーンスターチor片栗粉* 小さじ½
ドライバジル*      適量
ドライオレガノ*     適量
ドライパセリ*      適量
ナツメグ*        適量
オリーブオイル      大さじ1

作り方

1. 里芋をゆで、フードプロセッサーやマッシャ―を使ってつぶす。

≫≫ワンポイントアドバイス
里芋の皮はいがいがしていて剥くのは大変だし、ぬめりで手が痒くなることがありますよね。
そんなときは皮のまま5分程度、熱湯でゆでてあげると、面白いほどつるっと皮がむけます!

2. 卵をボールに溶き、つぶした里芋と*の調味料を混ぜ入れる。
米粉は里芋の量に合わせて、水っぽくないくらいの質感になるように調整します。

里芋パテ作り方

このくらいの硬さ感です

3. フライパンにオリーブオイルを引き、食べやすい大きさに里芋を広げたら、ふたをして焼く。こんがり焦げ目がついたら、裏面も焼いたらできあがり!

 

食感は鳥のつくねみたいな感じです。

里芋パテ食感このレシピはハーブや塩でシンプルな味付けですが、生姜を入れたりゴマを忍ばせたり、味付けや食感に変化を付けて遊んでもいいかもしれません!

これを米粉パンに挟んでレタスやチーズを入れれば、立派なサンドイッチにもなりそうですね。お試しあれ~

 

ではでは、さといもを取り入れて、もっともっと健康に!

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply