健康法

いますぐできる簡単な頭痛解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いますぐできる簡単な頭痛解消法 - 水を飲む

関東も本格的な梅雨に入りましたね。この時期はどんよりジメジメしていて低気圧なので、頭痛に悩まされる方が多いのではないでしょうか?

私も以前は頭痛持ちで、低気圧が来るたびに悩まされていました。

低気圧予報アプリの「頭痛~る」を愛用したりしていたのですが、結局辛いときは薬に頼ってしまっていました。でも、運動や食生活の改善で今ではさっぱりなくなりました。生理前にちょっと痛くなる時があるかな~くらいです。

頭痛があるときは薬に頼りがちですが、毎回飲んでいると薬の効きも悪くなってしまいますね。頭痛は脳みそが痛いわけではなく、何かの症状の副作用として出ます(脳みそには痛みを感じる受容体がないので)。ですので、その根源となるものを排除しないとまた頭痛が起こってしまうのです。

ちょっとした頭痛であれば、薬に頼らなくても簡単な対処法でかなり症状が軽くなったりするものです。

ということで今回は私がいつも試している対処法を紹介していきます!

 

水を飲む

いますぐできる簡単な頭痛解消法 - 水分補給

意外と気づかない頭痛の原因は脱水症状です。喉が渇いてなくても、部屋の乾燥や気温の上昇などで知らず知らずのうちに体内の水分が失われ、脱水状態に陥っている可能性があります。
そんな時には水分を補ってあげることで、症状を緩和させてあげることができます。

また、コーヒーやお茶などのカフェイン入りドリンクばかり飲んでいる人や、お酒を沢山飲んだ時は要注意。これらの飲み物には利尿効果があるので、水分を摂っているつもりでも脱水してしまうことがあるのです。

それ以外にも運動後や、下痢、嘔吐、高熱時は体内の水分が奪われるので、沢山水分を摂ってあげる必要があります。

こういう時には水分だけではなくて、ナトリウム(塩分)も失われています。体内では水分とナトリウムが絶妙なバランスを保っていて、水だけ飲むとナトリウムとのバランスが崩れ、余計に頭痛が酷くなることがあります。ですので、塩レモン水や梅干しを入れた白湯などがおすすめです。

これからの暑い季節は知らないうちに汗をかいて、体の水分を失っていることがあるので、こまめに水分補給をしましょう!

 

頭を心臓より下にする

いますぐできる簡単な頭痛解消法 - 頭を心臓より下にする

頭痛の原因は色々ですが、血流の滞りが原因となっていることもあります。そんな時はしばらくの間、頭を心臓より下にして、頭部に血液を送ってあげると効果的です。

深呼吸をしながらヨガのダウンワードフェイシングドッグのポーズを1分間ほどとってみましょう。出先であれば、トイレなどで前屈してみるのも良いかもしれません(髪の毛が床につかないように気を付けてね笑)。出来る人は逆立ちもいいかもしれませんね。

 

深呼吸

仕事などで煮詰まって来るとついつい交感神経が優勢になってしまい、目や首回りの筋肉が緊張して頭痛になりがちです。

深呼吸をすることで、交感神経から副交感神経にスイッチすることができるので、仕事の合間に10回くらい深呼吸をしてみましょう。

ラベンダーのエッセンシャルオイルを吸いながら行うと、さらにリラックス効果が得られてオススメです。ラベンダーには交感神経の興奮を鎮める酢酸リナリルが含まれています。ラベンダーのエッセンシャルオイルは直接肌に付けられるので、指先に付けてこめかみのあたりをマッサージしてもグッド。

 

スクリーンから目を離す

目の使い過ぎによるいわゆる眼精疲労も頭痛の原因になります。

1時間に1回くらいはパソコンやスマホから目を離して、目の運動をしたり目の周りをマッサージしてみると良いでしょう。

こういう時はペパーミントのエッセンシャルオイルがおすすめ。ペパーミントに含まれるL-メントールには筋肉をゆるめる作用があります。ペパーミントも肌に直接つけてOKなので、指先に付けてマッサージに使うと良いです。
一日中パソコンを見ている必要のある人は、ブルーライトをカットしてくれるパソコン用眼鏡を使ってもよいと思います。私はコンタクトの上から度の入っていないJINS SCREENを愛用しています。これだけでもだいぶ目の疲れが違います。

 

ツボ押し

簡単にすぐできる解消法として、ツボ押しも有効です。
親指と人差し指の間の「合谷(ごうこく)」や、首と肩の間の「肩井(けんせい)」などが一般的なツボです。

息を吐きながら親指で3秒ほど押す、を10回ほど繰り返してみましょう。

いますぐできる簡単な頭痛解消法 - ツボ押し1 いますぐできる簡単な頭痛解消法 - ツボ押し2

出典:エスエス製薬

 

 

それでも効かない場合は…

大抵の頭痛は上記の方法で大分軽くなるのですが、頭痛の種類によっては全く効かない場合があります。

特に、血管の膨張または血流の増加が原因で起こる片頭痛や群発頭痛などがある場合は、逆さま運動やマッサージをして血流を良くしてしまっては逆効果です。

そんな時はカフェインの入った飲み物を摂ると良いです。

え?コーヒーだめって言ったじゃんと思うかもしれませんが、カフェインには血管収縮効果があるので、血管の膨張が原因で起こる頭痛には実は効果的なのです。

 

頭痛は単純に脱水症状や筋肉の緊張の副産物であることもありますが、何かの病気のサインである場合もあります。

特に頭痛持ちでない人に頭痛があった場合、くも膜下出血などの大きい病気が疑われます。そういう違和感を感じた時は、素直に病院に行きましょう。

 

いずれにせよ、頭痛は体からの「休んでくれ~」というサインです。頭痛があるときはいつもより長く睡眠を取ってあげるなど、体が喜ぶことをして自分を労わってあげってくださいね!

 

それではもっともっと健康に!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply