健康

燃えた脂肪細胞は口から排出されるんだとか。え、なんですと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹まわりや足についた、ぶよぶよの脂肪。

運動したりすることで脂肪は燃焼され、エネルギーとして使用されます。

勝手な想像ですが、エネルギーとして使い終えた脂肪細胞の燃えかすみたいなのは、便として流れていると当然のごとく思っていました。

 

が、最近、それがそうでもないということを学んで衝撃をうけました!

どうやらほとんどが二酸化炭素として排出されるんだとか。

 

え、二酸化炭素ということは、肺から?

てことは、脂肪って口から出てくの?!

脂肪さん

・・・誰w

 

にわかに信じがたいので調べてみました!

 

そもそも脂肪とは?

脂肪というものは体内で作られると、中性脂肪(トライグリセリド)と呼ばれる脂肪細胞に蓄えられます。中性脂肪、健康診断とかでよく聞きますよね。

 

中性脂肪は グリセリンと3個の脂肪酸から成っています。

英語の正式名称はtriacylglyceride(トライアシルグリセリド)。

はい?なんですと?

って感じですが、tri=3つの、acyl=脂肪酸(fatty acid)、glyceride=グリセリンの略です。

 

空腹状態が続いたり運動をすると、この中性脂肪を形成する要素は分解されていきます。

 

グリセリンは、糖新生というプロセスを経てグルコース(ブドウ糖)に変えられ、エネルギーとして使われます。脂肪酸もまた、別の代謝過程を経てエネルギーとして使用されていきます。

 

脂肪細胞はたった3つの原子から成っている

でももっとミクロに原子単位で見てみると、中性脂肪を構成する原子は炭素(C)、水素(H)、酸素(O)のたった3つのみです。

中性脂肪

複雑でよく分かんないけど、CとHとOしかないね!

 

中性脂肪の分解には、色々な酵素や生化学的なプロセスが複雑に絡んでいるのですが、分解を分子単位でみるとつまりこういうことだそうです。

中性脂肪の分解

5分の1が水(H2O)として、残りの5分の4が二酸化炭素(CO2)に分かれます。

 

水となった部分は尿、便、汗、息、涙となって排出されますが、二酸化炭素は吐息として肺から排出されます。

 

5分の4が二酸化炭素ということは、脂肪細胞のほとんどじゃない?!

 

ということは、私たちは満員電車で隣の人の「元・脂肪細胞」を吸っているかもしれないということですね。

 

・・・はい、ちょっと気持ち悪いですね、ごめんなさい。笑

 

人間自体、酸素・水素・炭素・窒素のたった4つの原子で出来ています。

以前は脂肪細胞が燃焼された後のいくすえについて、誰も研究したことがなかったそうなのですが、2014年にオーストラリアのニューサウスウェールズ大学の研究チームが、初めて脂肪分解の経路をたどる検証をしたことで大きなニュースとなりました。

 

かといって運動しないで呼吸だけで痩せるかといったらそうでもない

質量保存の法則上では、10kgの中性脂肪が分解されると、8.4kgの二酸化炭素と1.6kgの水になるそうです。

それには29kgの酸素を吸う必要があるのですが、では呼吸をしまくれば脂肪が燃焼されるかといったらそういうわけでもないのです。

 

座った状態でできる呼吸というのは限られており、オフィスワークなどで座ったばかりの生活をしている70kgの成人が、一日に吐き出す二酸化炭素の量はたった200g。

 

やはり運動をして、より多くの酸素を取り込む必要があるのです。

 

この実験の研究者は、「この実験は、肺が脂肪の主要な排出器官であることを示すためのもの。脂肪を減らすには、中性脂肪に結び付いた炭素をアンロックすることが鍵、そのためにはもっと運動することが必要。」と述べています。

 

運動するときはやはり呼吸を意識しよう

深呼吸が体にもたらすメリットは計り知れないものがあります。

 

例えば、

・酸素が細胞すみずみまでに行きわたり、血行が良くなる→代謝UP、冷え症改善など

・腹式呼吸が調の動きを活性化→便秘改善

・深呼吸で横隔膜が動くことにより、内臓が刺激される→消化力UP

・脳まで酸素が行き渡ることにより、自律神経の働きを整える→ストレス発散、気分の回復

などなど数えきれません!

 

筋トレをするときも、呼吸を意識するようにしましょう。プランクなどキープの動きの時は、苦しくて息を止めてしまいがちですが、深呼吸するとよいです。

 

階段を上る時にも、深呼吸しながら登ると楽々登ることができます。

 

仕事中の気分転換にも、とりあえずのコーヒーやお菓子ではなく、外に出て深呼吸を10回くらいしてみると、たちまち気分がすっきりします。

 

普段歩いているときも、大きめに呼吸してみるなど、日々取り入れられることがたくさんあります!

 

その吐息から出ているのはかつての脂肪細胞かもしれないですからね!笑

 

では、今週は呼吸を意識して、もっともっと健康に!

 

<参考文献>
theBMJ (2014) When somebody loses weight, where does the fat go?
BBC News (2014) Fat ‘breathed out’ of body via lungs, say scientists
Nikkei Trendy (2015) ダイエットで減った脂肪はどこへいく?
All About 脂肪燃焼に効果大!深呼吸ダイエット

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply