In Travel, アメリカ生活

ヘミングウェイハウスに行ってきた

フロリダ・キーウエストに行ったら絶対に行きたいと思っていたのがヘミングウェイハウス
かといってヘミングウェイのファンではないのですが(笑)

実は去年The Paris Wifeというヘミングウェイと1番最初の妻ハドリー・リチャードソンの結婚生活を描いた小説を読んでから、ヘミングウェイハウスのことが気になっていたのです。とはいえ、ここはハドリーと別れて、2番目の奥さんであるポーリン・ファイファーと1931年から1939年に住んでいた家だそうです。

また、ヘミングウェイキャットと言われる6本指の猫がいると聞いていたので、ネコ好きの私としては見逃せない!と思いまして。
それではフォトレポートさせていただきます。


ヘミングウェイハウスの入場料は大人13ドル、子供6ドル(2013年12月時点)。
熟練のガイドさんが中を案内してくれます。ガイドは英語なのですが、入り口で日本語で書かれた訳をもらえました。

hemmingwayhouse


結構混んでいたので家全体の写真はキレイに撮れませんでしたが、黄色と黄緑が基調色となっていて、キーウエスト名物のキーライムを思わせるような可愛いらしいデザインの家でした。

hemmingwayhouse


入り口で早速猫ちゃんがお出迎え。Mr.Harry Trumanというそうです。
それって33代米大統領の名前じゃ…?

hemmingwaycat


ヘミングウェイの歴代妻たちの写真がありました。
左上がThe Paris Wifeのハドリー・リチャードソン
上段中央がヘミングウェイハウスに住んでいたポーリン・ファイファー
左下(ランプで隠れていて見えないですが)がマーサ・ゲルホーン
下段中央が最後のワイフ、メアリ・ウェルシュ

それにしても離婚3回、結婚4回なんて…すごい人生だ。(絶対に真似したくない)
第三ワイフのマーサ・ゲルホーンについては、2012年にニコール・キッドマン主演で映画化されています。

hemmingway_wives


色男の肖像画たち

hemmingway_painting


若かりし頃は超イケメンだったのですね…(右下)

hemmingway_photos


ベランダも広~い

hemmingwayhouse_yumi


プールも広~い

hemmingwayhouse_pool


ヘミングウェイハウスにある家具のほとんどは、第二ワイフのポーリンがパリに住んでいる時に収集してきたものだそう。ポーリンはVogueの記者だっただけあって、家具選びのセンスも抜群だったのでしょう。

hemmingwayhouse


特に気に入ったのがこのパイナップルのランプ

hemmingwayhouse


こちらは別棟のゲストハウス。こんなところに猫ちゃんが!

hemmingwayhouse


6本指の猫だけでも4~50匹いるそうです。

hemmingwaycat


この子もよく見ると6本指でした。

hemmingwaycat


ガイドのおじさんと猫の水飲み場

hemmingwaycat_fountain


ねこちゃーん❤

hemmingwaycat


肉球の写真を撮りたかったのですが、猫さんたちリラックスしていらしたのでそっとしておきました。このブログやあのブログヘミングウェイハウスのサイトなどでもっと猫ちゃんの写真が見れますよ!


こんな素敵な家に住んで、財産もあったヘミングウェイ。
なのに最後は自殺してしまうんですね。
欲しいものが何もかも手に入っても、本当の意味で心が満たされるわけではないんだな…
と最後にしみじみ考えさせられてしまいました。

Leave a Reply